コンセプト

 

 

にぎりずしの誕生は、江戸時代の後期、文化年間(1818~1830年)です。
握ってその場で食べる・・というのを考案したのは、花屋興兵衛と伝えられます。
日本料理の技術である、酢の物(コハダ)や煮物(イカ・穴子)、焼き物(玉子)、蒸し物(アワビ)、刺身(マグロ・ヒラメ)などをすし飯と一緒に食べさせるということを思いついたと云われます。

江戸前というとすしの代名詞と思われますが、もとはウナギを指していました。

かって江戸城の前は海でしたが、ここを埋め立てた沼でウナギが沢山捕れ、これをぶつ切りにして串にさして焼いて食べさせた店があったことから、江戸城前のウナギと云われるようになったらしいです。

その後、にぎりずしが盛んになったので、江戸前ずしとすしにも使われるようになったといわれます。江戸の前の海で捕れる魚を指す言葉です。

© 2013 sushi-kazato. All rights reserved.

  • b-facebook
  • b-tbird
  • Google Square